忍者ブログ
2007年6月から2010年3月までの練習記録など。レッスン100でこのブログは更新ストップしてます。なおコメントレスも2010年3月より致しませんのでご了承ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こじんまりしたブログとはいえ、愚痴ばかりの記事を読んでしまった方へ
申し訳ありませんm(_ _)m

時折、不平不満を吐き出さないとジブンを保てない未熟な私ではありますが
そのダメな部分も含めて『もう、しょうがないなぁ』といった感じで
なま暖かく見守ってくださると、有り難いです。
 


さてと、ここからは気分を変えて料理です。

マカロンにしてもケーキにしても、卵の白身ばかり使って
卵黄ばかりが余ってしまう事がありますよね。

酒のつまみに、醤油漬けや、味噌漬けも好きなんですが
そんなに沢山食べられないし、日持ちもしません。

なので、どうしよっかなーと思って考えたのが簡単クッキー♪
焼き菓子ならば、日持ちもするし、気軽に配れるのでオススメです。

【材料】
ホットケーキミックス100g
砂糖大さじ2くらい
卵黄1個
カルディインスタントチャイ大さじ2
アーモンドプードル(コンスターチ入り)大さじ2
バター40g

①室温で柔らかくしたバターと砂糖をボールに入れて白っぽくなるまで混ぜる
2009_B118.jpg
②解きほぐしておいた卵黄と、2,3回に分けて入れ、その都度よく混ぜる。


2009_B119.jpg
③残りの材料を②のボールに入れ、さっくりと混ぜたら、ラップに包み
棒状にして、しばらく冷蔵庫で寝かせる(冷蔵庫で30分くらい)
2009_B121.jpg
④5~7mmの厚みに切って、オーブンで160度18分~20分焼いて完成♪
2009_B120.jpg
ほんのりチャイ風味のしっとりクッキーデス♪

拍手

PR

材料(20×8のパウンド型、もしくは5号のケーキ型1つ分)


強力粉150g
溶き卵 M半分
砂糖大さじ1.5くらい
室温に戻した無塩バター20g
ドライイースト小さじ1
人肌に温めた牛乳100ml
塩ひとつまみ

りんご1個
シナモンシュガー
レモン果汁少々
砂糖大さじ2
レーズンお好みで
ラム酒

①砂糖・ドライイーストをボールに入れ、そこに牛乳を注ぎ軽く混ぜおいておく。

②強力粉をふるいにかけたら①のボールにいれて、さえ箸で軽く混ぜ合わせる

2009_B72.jpg
 














③上のような感じになったら、溶き卵をいれ更に混ぜ、塩、バターを加えてから
今度は手で捏ねはじめる。
※残った溶き卵は、焼成の前に生地に塗るのでとっておいてください。

(この時、手に沢山ついて捏ねにくいようだったら様子をみて打ち粉をすると良いでしょう)

④生地の表面が滑らかになって、生地の端っこをつまんで伸ばしてみて
指が透けるくらいまでになったら捏ね完了。一次発酵をします。
(オーブンの発酵機能で50分から60分)

⑤発酵を待つ間に、アップルフィリングを作ります。
イチョウ型にリンゴをカットして、鍋に残りの材料と共に入れて火にかけ
リンゴがしんなりして、色づいてきたら出来上がりです。
そのまま、火から下ろして冷ましておきます。
(砂糖の代わりにハチミツを入れた方が風味が良くなって美味しいです)

2009_B111.jpg















⑥生地が二倍くらいに大きくなって、中央を指で押しても戻ってこなければ
一次発酵終了です。生地を三等分にして、まるめてベンチタイム(15分程度)

⑦成形に入ります。
生地を麺棒で楕円形に伸ばして、アップルフィリングをのせて縦に二つ折りします。
それを端からクルクルっと巻いたら、巻き終わりをそれぞれくっつけるようにして
型に並べます。

2009_B112.jpg















2009_B113.jpg















2009_B114.jpg















⑧二倍程度になるまで、二次発酵します(オーブンの発酵機能で40分くらい)

⑨発酵が終わったら、はけで卵を塗って焼成♪
160度で16分から18分程度で完成です。

2009_B115.jpg















2009_B116.jpg















アップルフィリングが入っている所為か、
次の日もしっとりふんわりしていて美味しかったデス♪

拍手

ひゃっほぉぉーーーーい!
おめでとうシャンパンを一本空け気持ちよーーく酔っている美紀でございまする。

実は昼間に、やまぽんから嬉しいメールがきまして
テンションが一気に上がりました↑↑↑

やまぽんメールで、今日はアノ!あの王子の誕生日だった!って事を
思いだし、再び「想い」(萌えともゆう)が動き出した私!
いそいそと帰宅して王子祭り開催です(笑)

2009_B101.jpg















1品目…生ハムのカイワレ巻き

2009_B102.jpg















2品目…カツオのカルパッチョ(カイワレ添え)

2009_B103.jpg















3品目…カッテージチーズとカイワレ・トマトのサラダ

2009_B104.jpg















4品目…白身魚のソテー(ヨーグルトソース)カイワレ添え

2009_B105.jpg















5品目…明太子クリームパスタ(カイワレのせ)

テーブルに並んだ品々をみて、ダーが一言「…全部カイワレがのってる」と
何かいいたげだったので「そうだよ!カイワレ王子のお祝いだからね」と
あの秋のお弁当シーンを細かく話してやった。(聞き流されていたけれど)

ダーは「餃子王子じゃないの?」とかいっていたけれど
なぜ餃子なのか意味がわかんなーーーい!
恐らく…二日くらい前から餃子が食べたいといっているから
そのアピールだろうけれど、私には関係ない!
私は王子のお祝いをしたかったのさーーーー(爆)

…王子、カイワレ嫌いだったけれど、きっとあのイベントからは
バクバク食べているよね???え?違う?
いやいやいや、一瞬は「・・・・・」とあの表情を浮かべるかもしれないけれど
「え?カイワレ君好きだよね?」ってきいたら
「…そうだな、オマエの作った料理なら、オレ…」などといいつつ食べるに違いない!

やーハハハ…やっぱ王子は妄想しがいがあるなぁ(*´ρ`*)

と、やまぽんのお陰で楽しい夜が過ごせた訳ですが…マカロンも作りました。

せっかくなので、クローバー型も作ってみようと思っていた訳ですが…失敗orz

2009_B106.jpg















左から、抹茶・ストロベリーカシス・ピーナツ・ブルーベリーのクリームを挟みました。

焼き加減は…抹茶だけがイイ感じだけれど、他のは膨らみがヘンです。
それから色!抹茶・ピンク・黄は鮮やかに綺麗にだせたと思うのですが
やまぽんリクの「ゆ」色が上手くいきませんでした。

焼く前は、淡い「ゆ」色って感じだったのに、焼いてみたら
くすんだ感じの青に…あぁマカロンマスターへの道は遠いわぁ

王子…クローバー型のマカロン作れなくてごめんよぅっ
でもカイワレがたくさんあってクローバーみたいだったから許して(え

やまぽん、どうもありがとうv

拍手


2009_B91.jpg
















【材料】(25センチくらいの長さ3本分)
強力粉100g(強力粉と薄力粉は合わせてふるっておく)
薄力粉30g
上新粉20g
牛乳100ml
砂糖大さじ1
ドライイースト小さじ1(2.5g)
塩ひとつまみ程度
ベーコン3枚
粒マスタード・コショウ・マヨネーズetc...お好みの味付けで♪

①上新粉は、人肌に温めた牛乳を少量いれ湿られておく。

②ボールに、ドライイースト、砂糖をいれ先程残しておいた牛乳を注ぎ
さえ箸で軽く混ぜ、暫くおいておく。

③ふるっておいた、強力粉と薄力粉を②のボールに入れ、かき混ぜたら
塩ひとつまみと①の上新粉も入れ、今度は手で捏ねる。

※薄力粉と上新粉がハイっている分、まとまりやすいですが、
ここでキチンと捏ねておかないと、発酵に影響がでるので注意です。

④生地の表面が滑らかになって、生地を伸ばして指が少し透けて見えるように
なったら捏ね終了。一次発酵に入ります。(60分程度)

⑤生地が2倍くらいになったら一次発酵終了。
手のひらで軽くおして、ガス抜きをしたら三等分して、
まるめなおし霧吹きをして、生地が乾かないように
クッキングシート等で覆ってベンチタイム(15~20分)

⑥成形に入ります。

2009_B92.jpg















麺棒で伸ばし、マスタード・コショウ・マヨネーズを混ぜたものを塗り
真ん中にベーコンを乗せます。
手前から折り、そこに重ね合わせるように反対側も折って
最後に両端を閉じ、中身のソースが出てこないように、きちんと生地をくっつけます。

2009_B93.jpg















⑦とじ目を下にして、鉄板に並べ、霧吹きをしたら二次発酵(45~60分)

⑧発酵が終了したら、キッチンばさみで、斜めに切り込みを入れ
交互に倒していきます。

※この時、多少生地がちぎれてしまっても、焼けばくっつくので
思い切り両サイドに倒すと良いでしょう。

2009_B94.jpg















⑨霧吹きをします。(外側をパリっとさせるため)

⑩はじめは180度で2~3分、一度オーブンから取り出して
150度~160度にして14~16分焼成して完成です。

※フランスパンのような、かたーーーい生地がお好みならば
霧吹きを多めにして、始めは200度で焼くと良いかもしれません。

2009_B95.jpg

















拍手

下の記事では、サーモンでしたが、こちらはまぐろバーションです。


2009_B90.jpg

















2009_B89.jpg















この色つきご飯は何で色をつけたのかというと…

2009_B88.jpg















↑ 桜エビを粉にしたもの。

2009_B87.jpg















↑ まぐろバーションでは、ゴマだけにしました。

2009_B86.jpg















↑ みどりは抹茶で。(これに、ちょこっとわさびを混ぜ込んでも美味)

飾り付けは、お好みで♪

拍手

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
美紀
性別:
女性
趣味:
ヴァイオリン・カメラ・ゲーム・お酒
自己紹介:
長年の憧れヴァイオリン…
目指す音が今は出なくとも
思うように指や腕が動かなくても
いつかは弾いてみたい曲にトライできる!そう信じて日々奮闘中♪
【使用教本】

ヴァイオリンスクール①(終了)
ヴァイオリンスクール②(終了)
ステップ式ヴァイオリン入門3(終了)
カイザーヴァイオリン練習曲【1】(現在)
ヴァイオリンスクール③(現在)
カイザーヴァイオリン練習曲【2】
カイザーヴァイオリン練習曲【3】
LINK
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 料理ブログへ

↓何かありましたらこちらまで↓
daidog111アットほっとめーる
文字部分は変換してください


にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ





忍者ブログ [PR]