忍者ブログ
2007年6月から2010年3月までの練習記録など。レッスン100でこのブログは更新ストップしてます。なおコメントレスも2010年3月より致しませんのでご了承ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

暑くなってくると、Vnを背負うのは結構辛いですねー{%汗(チカチカ)hdeco%}

【ブーレ】L.モーツアルト
一回弾いて、ほぼ良い感じと言われるけれど、
やっぱり終わりの箇所が気持ちよく弾けず、そこを重点的に何度か弾き
その後、先生と二重奏をして○。

これ二重奏すると、すごく綺麗で、かなり気持ちよく弾いていたと思います(笑)

重音の箇所はタ、タン♪タ、ター♪のリズム…
最後の「ター…」は、もっと音を伸ばして、抜く感じに。


【ハンガリアン・ダンスNo.1】ブラームス
出だしは、音程もそんなに悪くなく入れたのですが…
中盤から、がたがたになってしまい、躓きながら一回弾き終え
思わずため息をつく私に先生は、「うん(^^)だいだい良いですね」と飴ちゃん。
とはいえ、やっぱり中盤の箇所は細かく確認しながら弾き
「これ、ホントはもっと早く弾きたいのだけれど、無理だから」と
テンポを落として二重奏をして○を貰えました。

【エレジー】フォーレ
この曲は、molto adagioなので、すーーっごくゆっくりしたテンポなのですが
すっかり忘れていました(え)
…あは、前の曲が、↑早めのテンポなので、何かつられちゃってたんですよね(苦笑)

なので、出だしで注意され、昨日UPしたテンポの倍くらいの遅さで
弾いたのですが、ひっじょ~に背中の筋肉とか腕とか痛くなりました。

一回弾いて、その後、先生と二重奏出来たので○が貰えるかと思いきや
次週に持ち越しです。

強弱は、弓を使う量だけではなくて、弓の位置にも注意して弾くこと

エレジーを弾いていて、ゆっくりした曲を弾く時の方が、凄く背中の筋肉を
使っている気がするな~って思ったので、片づけをしながら
その辺の事をちょこっとだけ伺ったのですが、それは良い事で、
全弓でゆっくり弾く時に、腕だけで弾いていたり、変な所に力が
ハイっていると背中の筋肉は痛くならないけれど、ちゃんと使えている証拠らしい{%キラキラwebry%}

他にも、胸筋のとことか、脇の所とか…いろんな筋肉を使うらしいです。
ハイポジションを弾くようになると、左側の筋肉も結構使うとか…。

そっかー…Vnを弾く為の筋肉が出来るまでは、まだまだ道のりは遠いな。

ってな訳で、次回レッスンまでは、このエレジーを弾きながら、
使っている筋肉も意識したいと思います{%力仕事webry%}

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>Vnを弾く為の筋肉が出来るまでは、まだまだ道のりは遠いな。

なんか、骨が曲がるって話しも聞いたことがあります。

どうなんでしょう?
まくまく 2008/07/06(Sun)13:33:09 編集
無題
あ、それ私もどこかで聞いた事があります。
けれど、子供のうちからやると
鎖骨が湾曲になったりするけれど
大人からやっても、骨は変わらない
ってきいた気がします。
…けど一体どうなんでしょうねぇ?
大人からでも20年とかやっていれば
多少変わってくるのでしょうかね。
今度機会があったら先生に伺ってみようと思います。
美紀 2008/07/07(Mon)09:59:33 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
美紀
性別:
女性
趣味:
ヴァイオリン・カメラ・ゲーム・お酒
自己紹介:
長年の憧れヴァイオリン…
目指す音が今は出なくとも
思うように指や腕が動かなくても
いつかは弾いてみたい曲にトライできる!そう信じて日々奮闘中♪
【使用教本】

ヴァイオリンスクール①(終了)
ヴァイオリンスクール②(終了)
ステップ式ヴァイオリン入門3(終了)
カイザーヴァイオリン練習曲【1】(現在)
ヴァイオリンスクール③(現在)
カイザーヴァイオリン練習曲【2】
カイザーヴァイオリン練習曲【3】
LINK
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 料理ブログへ

↓何かありましたらこちらまで↓
daidog111アットほっとめーる
文字部分は変換してください


にほんブログ村 クラシックブログ 弦楽器へ





忍者ブログ [PR]